Home / SQL Anywhere

SQL Anywhere

???????? : ???????????????????? (SQL Anywhere)

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。 この記事のオリジナルは、Glenn Paulleyが sybase.com に 2008 年 12月に掲載したものです。パフォーマンスベンチマークのテーマは決してすたれることはありません。   10年以上にもわたって、我々 iAnywhere 社では、スキーマとクエリの複雑性はデータベースインスタンスのサイズや、ハードウェアプラットフォームの性格とは全く相関関係がないという議論をかわしてきました。 我々の経験では、アプリケーションまたはスキーマの複雑性、そしてデータベースのサイズまたは配備プラットフォームの間には、相関関係とはほとんどありません。 アプリケーション開発者は、フロントラインの業務向けに既存のアプリケーションを移行する際、ターゲットがリソースが限られたハンドヘルドデバイスのようなプラットフォームであるにも関わらず、シンプルに設計するどころか複雑にしてしまう傾向があります。 このようなデバイスへの移行では、入力モードが異なるという理由で、ユーザーインターフェースの再構築にとどまるってしまうのが通常です。 今週あった3件のお客様とのやりとりの中で、私のこの見方はさらに確固たるものになりました。 あるお客様のスキーマは、121 のテーブルで構成されており — 2003 のインスタンスに対して20 増加 — 宣言された RI (ON DELETE CASCADEを含む)、CLOB属性、そして自己参照型”star” join を含むビュー がありました。ある 1 つの事実 — SQL Anywhere が Intermec 社の数千もの Windows Mobile ハンドヘルドデバイス上で稼働していること — を除けば、特別なことはありません。 別のお客様では、existential (EXISTS) と universal (NOT EXISTS) …

Read More »

PowerBuilder ????? Oracle DB ????????? SQL Anywhere ????

SQL Anywhere は様々な開発ツール、言語に対応していますが、SQL Anywhere と PowerBuilder の関係は長く、特に海外では多くのお客様が PowerBuilder で開発するアプリケーションに SQL Anywhere を利用されています。   両製品の関係は、1993年にPowerBuilder 3 に SQL Anywhere の前身である Watcom SQL 3 がバンドルされたことに始まります。   その後、これをきっかけに、PowerBuilder の開発元である PowerSoft 社に Watcom 社が買収され、PowerSoft 社が Sybase 社に買収され、Sybase 社が SAP に買収され現在に至ります。   Oracle データベースのランニングコストを削減したいとお考えであれば、現在 TPC-C ベンチマークの価格性能比 No.1 の SQL Anywhere への移行を検討されてはいかがでしょうか。   PowerBuilder ユーザーのための SQL …

Read More »

?? DB ??????????? Sybase DB ?????????????????????SAP Exodus?

SAP では、Oracle や DB2、SQL Server 用に開発されたデータベースアプリケーションを ASE、IQ、SQL Anywhere 用アプリケーションへ変換するためのアシストツールとして、「Exodus」というツールを用意しています。   SAP Business Suite などの SAP Application は、SAP Rapid Deployment Services を使用することで移行可能なため、これは、C や Java、.NET 等で開発されたカスタムアプリケーションの変換を対象としています。   また、商品として販売しているものではなく、マイグレーションを支援するツールとして SAP パートナー様に限定して無償で提供しているものです。     他社製 DB 用のアプリケーションを Sybase の DB 用のアプリケーションにするには、以下の図のようなことが必要になります。   特に赤枠部分のハードルを下げる支援をするために用意されたのが SAP Exodusです(100%完全変換はできませんが、Oracle/DB2からの変換精度はおよそ80%~90%、SQL Serverからはおよそ90~95%です)。   また、移行元 DBMS に接続し、コスト見積もり機能を使用することで、移行対象のオブジェクト数、Exodus で変換可能なオブジェクト数、変換できないオブジェクト数等を見積もり、移行にかかるコストの超概算見積もりが可能です。   SAP Partner …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ???? SELECT????UPDATE???? (?)

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2010 年 1 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere の version 12 で追加された機能である、様々なDML クエリに対する SELECT 文の使用について継続して解説しています。       以前掲載した ブログ記事において、SQL Anywhere 12 サーバーから実装された新しい SQL 言語の機能である dml-derived-table からの行の SELECT 方法例を紹介しました。   今回は、アプリケーションをシンプルにする -derived-tables のその他の方法について簡単に紹介したいと思います。   まず最初に、このブログのタイトルは「SELECT 文内での UPDATE 文の使用」ですが、dml-derived-tables は、派生テーブルであるため、もちろん、DML 文 (INSERT, MERGE, …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ???? SELECT ???? UPDATE ????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 5 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere version 12 で追加された機能である 様々な DML クエリーにおける SELECT文 の使用について解説しています。   これは非常に便利で、軽く使える機能なため、繰り返し使用する価値があります。 例えば、insert 文の一部として新たに挿入された行のプライマリーキーを簡単に返すことができます。     例: SELECT pkey_col FROM (INSERT INTO mytable(col2) VALUES( ‘hello’)) REFERENCING (FINAL as t_final) order by 1     2009 年 …

Read More »

WHERE???????????????????????????? – SQL Anywhere

目的 このページの目的は、SQL Anywhere でジョイン条件に対して WHERE 句を使用した際の動作を説明します。     概要 SQL Anywhereのクエリでジョイン条件を指定する場合、基本的には、ON句、WHERE句のどちらを使用することも可能です。 ただし、外部ジョインを含むクエリでWHERE句によりNULL入力テーブル(外部ジョインされるテーブル)側のローを制限しようとした場合、クエリオプティマイザーは、その外部ジョインを内部ジョインとして扱う場合があります。 これにより、クエリの実行者が期待したような結果を得られない可能性がありますので注意が必要です。     具体的な現象の例 例として次のようなテーブル TableA と TableB の外部ジョインで説明します。   TableA Col1 Col2 1 A 2 B 3 C 4 D 5 E   TableB Col1 Col2 1 10 3 30 5 50   上記テーブルを作成するSQL文の例 CREATE TABLE TableA(Col1 integer,Col2 …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ??????????????????????????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 4 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere において我々がマテリアライズドビューと呼んでいる機能に関するベンダー間の名称の違いについて解説しています。 (*注:この記事は2009年に執筆されたもので、他DBMSに関しては、現在は異なる可能性があることに注意してください。)   また、SAP HANA アーキテクチャーにおいては、マテリアライズドビューは必要ないということを述べておきたいと思います。なぜならば、HANA の場合は全てのデータはメインメモリー上で利用可能で、オンザフライで処理/集約可能だからです。   ===   商談中のお客様より、かなりの頻度で SQL Anywhere がマテリアライズドビューの機能をサポートしているかどうか (多くは同じ「マテリアライズドビュー」の他の名前で)尋ねられます。   そこで、代表的な商用 RDBMS 製品の「マテリアライズドビュー」に相当する名称を以下にまとめてみました。   DBMS 名称 When How Who MS SQL Server インデックス付ビュー 即時反映 差分更新 システム IBM DB2 …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ? MERGE ??????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 4 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere における MERGE 文について解説しています。MERGE 文に関する最新の情報はこちらを参照ください。         MERGE 文は、SQL:2003 ANSI/ISO の F312 の機能として登場しました。MERGE は、行のセットを挿入する必要があり、かつ、クリーニングまたは他の ETL (Extract-Transform-Load) プロセスが必要な時に便利です。MERGE を使用すると、1 つの文で新規データ挿入と既存の行の更新をセットで対応できる洗練されたロジックを実装することができます。 このブログ記事では、MERGE 文の機能について簡単に概要を説明するとともに、SQL:2003 と SQL:2008 間でどのような変更があったのか、さらに SQL Anywhere でサポートされている拡張機能について説明します。 ここでは、私の同僚である Anil Goel が 2008 年 …

Read More »

?????????? : ???????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 10 月に掲載したものです。その中で、Glenn は 一般的なハードドライブの信頼性について語っています。2014年初に発表されたars technicaの記事によると、このブログが書かれた頃と比較して破損率に大きな変化はありません。もちろん、重要なデータであれば、ディスクの障害からデータを守るために、定期的なバックアップをとること、またリカバリーシナリオをテストすることが非常に重要です。     絶大なスケールのコンピューティング ランドスケーブが、コンピュータサイエンスの領域に貢献したものの一つとして、これらのシステムを統計的に研究することができるようになったということがあります。特に様々なハードウェアやソフトウェアの信頼性を証明または反証することが可能になりました。   ディスクドライブに関して言うと、ディスクドライブの信頼性に関するいくつかの大規模な研究 [2,3,4,7] がここ数年の間に発表されています。 特に、Google [4] が行った研究では、ドライブの使用が 3 年を経過すると、障害率が急速に増加 – 6 %から 10%間 – することを示しています。この 3 年という期間は、多くのディスクドライブメーカーが、3 年の保証期間を設けているのと同じ期間であり、たいへん興味深い点です。 また、彼らの研究では、ドライバの最新モデルでは、熱とドライブ障害の間の相関は低いことが示されています。これは、データセンター内でエアコンの使用を控える方向にある中  James Hamilton 氏が最近執筆したと同様です。 最近、FAST 2009 において Amazon の Alyssa Henry 氏 …

Read More »

?????????? : ????????????????????????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 3 月に掲載したものです。その中で、Glenn はシンプルなベンチマークや測定バイアスへのフォーカスの危険性について語っています。       私は、ここ数週間、SQL Anywhere が関わるもの、関わらないものにかかわらず、公開されている複数のパフォーマンス分析を見てきました。 概して、これらの「ベンチマーク」は、非常にシンプルでした。シンプルなベンチマークは、複雑なものと比較して開発の努力は少なくてすむため、これは想像の範囲でしたが。   私が頻繁に目にするパフォーマンス分析に、例えばシンプルに 1 つのテーブルに行をできるだけ高速に挿入できるかというようなものがあります。「Knowing that value is a Good Thing (TM)」(その価値を知ることは良いことです) – そして、私たちのラボでもこれの(その他も)価値を判断するために特定のテストをします。しかしながら、データベースアプリケーションのパフォーマンス分析には、以下の 2 点を指摘したいと思います。   ほとんどの場合、このようなシンプルなテストはアプリケーションの動作をうまく表していないため、あまり意味がありません。また シンプルなオペレーションのきめの細かいテストは、幅広いパフォーマンス要素に依存する可能性があり、効率性のわずかな差であってもテスト結果を大幅にゆがめてしまう可能性があります。   2 つ目について、Raj Jain 氏のパフォーマンス分析の書籍 [1] 「Common Mistakes and How to …

Read More »

SQL Anywhere ?????????? SAP SQL Anywhere ?????????

SQL Anywhere関連記事のリストです。 まずは1から無期限無償のDeveloper Editionをダウンロードしてお試しください。   =====【SAP SQL Anywhere Japan 内日本語記事】=====   111 SAP Cloud Platform Remote Data Sync サービスを使用した IoT シナリオ ii 110 SAP Cloud Platform Remote Data Sync サービスを使用した IoT シナリオ i 109 SAP Cloud Platform で Remote Data Sync を使用して 「Hello World」 108 他社 DB 用アプリケーションから Sybase DB …

Read More »

SQL Anywhere???????????

目的 このページの目的は、暗号化の基礎とSQL Anywhere 10以降のデータベースに対してテーブルの暗号化を構成する方法を説明します。   概要 暗号化は、情報の閲覧を許可されていないユーザから情報を保護するために使用するセキュリティ・ツールです。SQL Anywhereはバージョン8.0.0で強力な暗号化が採用されました。 バージョン10以降では、データベース全体または、選択したテーブルのみを暗号化することができます。 これにより更に柔軟性が向上し、データベースの一部のみを暗号化する必要がある暗号化ユーザのためにパフォーマンスを高めることができます。   暗号化は、情報の閲覧を許可されていないユーザに対して、その情報の解読を困難にするプロセスです。暗号化されたデータベース・ファイルに物理的にアクセスできても、ファイルを分析したり、データベースに含まれるデータを表示することはできません。   暗号化には2種類のタイプがあります:単純暗号化と強力な暗号化です。 単純暗号化は、データを難読化しますが、暗号化キーを使用していません。ディスク・ユーティリティを使用して権限のないユーザがデータを見ることを防止する簡単な方法です。 強力暗号化は、暗号化アルゴリズムを使用してデータを暗号化し、キーを持つユーザのみにアクセスを許可します。   暗号化方式とは、情報の暗号化と復号化に使用するアルゴリズムです。暗号化方式を使用して、読みやすいプレーン・テキストを人間には判読不能な暗号文に変換します。ブロック暗号は、プレーン・テキストのブロックを暗号文のブロックに変換します。ブロックとは、固定バイト数のテキストの集合です。   SQL Anywhere暗号化の概要 SQL Anywhere 10 は、強力暗号化のためにAES暗号化を実装しています。アルゴリズムは、ラインダール(Rijndael)と呼ばれ、米国政府により次世代標準暗号化方式として選択されています。   AES-FIPS暗号化は、SQL Anywhereで特定のプラットフォームで利用可能です。AES-FIPSは、基本的にAESと同じです。唯一の違いは、AES-FIPSでは、Certicomによって提供された実装を使用していることです。この実装は、FIPS規格に準拠して米国政府の承認を得ています。FIPSは、Federal Information Processing Standard(連邦情報処理標準)の略語です。 SQL Anywhere 10 では、データベースのページサイズと同じサイズのブロックが使用されます。また、SQL Anywhere 10 は、AES及び、AES-FIPSの実装に128ビット・ブロックを使用しています。   暗号化キーの選択 強力な暗号化を使用する場合は、使用する暗号化キーを指定する必要があります。強力な暗号化で使用するキーを作成する時には、簡単に推測のできないキーを作成することが重要です。キーがより長いほど、推測することが困難になります。 暗号化キーは、大文字、小文字、数字、特殊文字を使用して作成することができます。暗号化キーを覚えておくことは非常に重要です。キーを紛失した場合、データベースは永久にアクセスできなくなります。   暗号化キーの変更 Interactive SQLでCREATE ENCRYPTED FILE文を使用して、暗号化キーを変更することが可能です。 このSQL文は、新しい暗号化キーを設定した新しいデータベースを構築して新しいデータベースに既存のデータベースをロードすることによって暗号化キーを変更します。   …

Read More »

?????????? : ????????SQL Anywhere ?????????? – ??? 1

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 7 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere へのデータロードの方法として OPENSTRING 句について語っています。         フラットファイルのコンテンツを SQL Anywhere サーバーに、あるいは逆に SQL Anywhere サーバーから転送することが必要な場合があります。 Version 11より前のバージョンでは、フラットファイルからのインポートは、以下の方法が可能でした(コードを書いて実行するのではなく)。   LOAD TABLE 文を使用する; DBISQL ツールから INPUT 文を使用する; xp_read_file() プロシージャーを使用してロードする; または リモートデータアクセスサービスを使用して、フラットファイルに対してプロキシーテーブルを構築する   上のソリューションそれぞれに、プラス面とマイナス面があります。 最初の 2 つのオプションでは、データをロードするためのテーブルの作成が必要になります。LOAD TABLE …

Read More »

?????????? : ???????? SQL Anywhere ?????????? – ??? 2

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。 http://scn.sap.com/community/sql-anywhere/blog/2014/04/30/loading-data-in-more-flexible-ways–part-deux     この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 7 月に掲載したものです。その中で、Glenn は データがクライアントにある場合に、LOAD TABLE を使用して SQL Anywhere にデータをロードする方法について語っています。     このトピックに関する私の以前のブログ記事では、READ_CLIENT_FILE()機能を使用した SQL Anywhere の CSV ファイルのクエリー内からの直接の参照機能について説明しました。 今回のブログ記事では、Version 11 以降でサポートされている LOAD TABLE 文の同様の拡張機能について説明したいと思います。     LOAD TABLE でクライアントに存在するファイルをロードする   SQL Anywhere サーバーにおける、データを retrieve するための READ_CLIENT_FILE()を使用したクライアントへのコールバック機能は、LOAD TABLEでも使用可能です。 以前の SQL Anywhere …

Read More »

SQL Anywhere??????????????????????????

目的 このページの目的は、SQL Anywhereデータベースを再構築する時に照合とコードページの変更方法を説明することです。   はじめに この文書で使用されている例では、元のデータベースは、OEM照合(コードページ850)を使用し、再構築したデータベースは、ANSI照合を使用しています。 いくつかの例では、ANSIクライアント(例えば変換のない Windows ODBCクライアント)のOEMコードページを使用してデータベースからデータを取得するときにドイツ語のウムラウトのようなアクセント付き文字は、正しく表示されません。   コードページ 850に基づくOEM照合で構築されたデータベースがあるとします。(C:oem.db)   説明 1.文字セット変換をオフにしてデータベースを起動します。     dbeng17 -ct- c:oem.db     注意:SQL Anywhere(Adaptive Server Anywhere)バージョン8以降では、文字セット変換はデフォルトでオンになっており、-ct-オプションを省略することができます。   2.内部アンロードと外部アンロードを使用してデータベースをアンロードします。ここで生成された reload.sqlファイルは、LOAD TABLE文の代わりにINPUT INTO文を持つことを意味します。    LOAD TABLE は、サーバをデータ変換しません。必要があれば、INPUT INTO を使います。     dbunload -c “UID=dba;PWD=passwd;ENG=OEM” -ix -r c:unload eload.sql c:unloaddata   3.ANSI照合を使用して新しいデータベースを作成します。    …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ?????????????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。       この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2010 年 4 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere パーサーがどのようにしてキーワードを認識するのか説明しています。     SQL Anywhereでは、新しいバージョンがリリースされるたびに追加の SQL 機能を実装してきました。これらは、標準 SQL の強化によってもたらされたものや、我々独自の製品イノベーションによるものです。   例えば SQL Anywhere の version 12 では、標準SQL:2008 の 「distinct predicate」をサポートしています。これは、シンタックス X IS [ NOT ] DISTINCT FROM Y を持ち、二つの表現値を比較して、NULL をイコールの比較演算子として扱うことが可能です。   distinct predicate は、状況によってはたいへん便利です。特にストアドプロシージャーパラメーターを含み、表現が …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ???? TSQL ? Watcom SQL ?? ?????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。 http://scn.sap.com/community/sql-anywhere/blog/2015/01/21/from-the-archives-mixing-sql-dialects この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 5 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere における 2 つの SQL 方言(TSQL と Watcom SQL)のビルトインのサポートについて語るとともに、ストアドプロシージャー内で方言をミックスすることによる潜在的な問題について説明しています。 1995年11月、現在も Watcom SQL と呼び続けている SQL Anywhere の方言に加えて、Transact-SQL をサポートした最初のバージョンである SQL Anywhere version 5.0 をリリースしました。 (ちなみに、私が関わった SQL Anywhere の最初のバージョンが SQL Anywhere 5.0 でした。入社したのはこのリリースの1か月前でした。)この 2 つの方言の SQL 構造には、多くの共通点があります。しかしながら、重要となる大きな違いが存在するのも事実です。 この 2 つの明らかに大きな違いは、文のデリミターの使用です。 …

Read More »

2016/6/21?? & 2016/7/7???? Oracle??SQL Anywhere????????????

=== このセミナーは終了しました === ご好評につき、5/11に東京で開催した移行事例セミナーを以下の日程で大阪および福岡でも開催します。皆様のご参加をお待ちしております。   ===   SQL Anywhere 概要およびOracleからの移行事例紹介セミナー   【開催概要】   <大阪> 日時: 2016年6月21日(火) 14:00 ~ 16:30 (受付開始:13:45) 場所: SAPジャパン株式会社 西日本支社セミナールーム 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル5F(受付)   <福岡> 日時: 2016年7月7日(木) 14:00 ~ 16:30 (受付開始:13:45) 場所: 福岡商工会議所 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-9-28     受講対象者:       製品企画、アプリケーション開発者、データベース管理者 システム営業、システムプリセールスご担当者、コンサルタント 費用:    無料     【アジェンダ】   1) SQL Anywhere …

Read More »

2016/6/15?? Oracle?????????????SAP SQL Anywhere????????????????

===このセミナーは終了しました=== 世界で1200万インストールの実績をもち、現在TPC-Cベンチマークにおいて価格性能比でダントツのトップを誇る、自己管理型 RDBMS SQL Anywhere。   SQL Anywhereは、Oracle SE1などの市場である中小規模システムやパッケージソフト、さらには、クラウドやモバイル、SAP HANAとのデータ連携など、マルチにご利用いただける 汎用RDBMSです。   アプリケーションにEmbedすることが可能なため、SAPでも、BusinessObjects の CMS や Audit データベースのデフォルトデータベースやSAP IQなど、ERP 以外の多くの SAP アプリケーションに Embeddedされ、アプリケーションの裏で稼働しています。   特にその優れた自動チューニングや自動管理機能により、多くのISV様が開発や運用コストを削減され、利益を拡大されています。   日本においても20年以上もの実績から、業務アプリケーションの顧客データ格納用データベースとして何万社ものエンドユーザー企業にSQL Anywhereは導入されています。     SQL Anywhereに付属するデータ移行ツールや、SAPが用意するSQLオブジェクト変換ツールを使用すると、想像されているよりもずっと容易にSAP SQL Anywhereへマイグレーションすることが可能です。   6/15のセミナーでは、このマイグレーションについて解説し、SQL Anywhereへの移行の容易性について実感いただきます。     詳細は、こちらをご覧の上、ぜひご参加ください。         BusinessObjectsにEmbeddedされているSQL Anywhereにつきましてはこちらをご参照ください。 ===   SAP SQL …

Read More »

2016/5/25?? SAP SQL Anywhere 1st ???? ?????????????

===このセミナーは終了しています=== 世界で1200万インストールの実績をもち、現在TPC-Cベンチマークにおいて価格性能比でダントツのトップを誇る、自己管理型 RDBMS SQL Anywhere。   BusinessObjects の CMS や Audit データベースのデフォルトデータベースなど、ERP 以外の多くの SAP アプリケーションに Embeddedされていることから、SQL Anywhere に興味を持たれているお客様も多いのではないでしょうか。   SQL Anywhere がなぜ多くの ISV アプリケーションに採用されているのか。   実際にSQL Anywhereに触っていただき、技術者の懸念点である 「導入へのハードル」の低さをご体験いただいただくため、5月25日(水)に「SAP SQL Anywhere 1st ステップ – ハンズオンセミナー」を開催いたします。   詳細は、こちらをご覧の上、ぜひご参加ください。       BusinessObjectsにEmbeddedされているSQL Anywhereにつきましてはこちらをご参照ください。 ===   SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> …

Read More »

2016/5/25?? SAP SQL Anywhere 1st ???? ?????????????

===このセミナーは終了しました=== 以下の日程でSQL Anywhere ハンズオンセミナーを開催いたします。 まだお席には余裕がございますのでぜひご参加ください。   === 2016年5月吉日 お客様各位   平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。   SAP SQL Anywhereのハンズオンセミナー第2回を開催いたします。 (4月25日に開催しましたSQL Anywhereのハンズオンセミナーと同じ内容です)   本年度は、Oracle SE1の市場である中小規模システムや、パッケージソフト、さらには、 クラウドやモバイル、SAP HANAとのデータ連携など、マルチにご利用いただける RDBMS SAP SQL Anywhere について定期的にセミナーを開催しております。   去る 5月11日には、「SAP SQL Anywhere」のエンタープライズデータベースとしての機能や、 SQL Anywhereの特長的な機能である自己管理自己チューニング機能、他社製データベースからの移行ツール、 競争力の高いライセンス体系と価格をご紹介するとともに 株式会社バイナル様にオラクルからの移行事例をご紹介いただきました。 ご出席いただきました皆様、ありがとうございます。   これに続きまして今回は、実際にSQL Anywhereに触っていただき、技術者の懸念点である 導入へのハードルの低さをご体験いただくために、ハンズオンセミナーを開催いたします。   次回開催予定のマイグレーションセミナーとともにご参加いただければ幸いです。   世界で1200万以上のインストール実績を誇るSQL Anywhereをお客様のビジネスに ぜひご活用ください。   皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。   …

Read More »

Mobile Link ?? ??????_SQL Anywhere

目的 このドキュメントの目的は、Mobile Link同期プロファイルの作成方法及び、使われ方を議論します。   概要 同期プロファイルは、SQL Anywhere 及び、Ultra Light の同期オプションをリモート・データベースに保存できる SQL Anywhere の機能です。 この機能を使用すれば、リモート・データベースの同期を開始するときに使用するコマンド・ラインや文の複雑さを軽減することができます。また、同期構成をアプリケーションではなくデータベース内に配置することもできます。 データベース内に同期情報を格納すれば、情報を更新するために新たなアプリケーションを配備する必要がなく、データベースを更新するだけで済むため、アプリケーションに格納するよりも便利です。   同期プロファイルは、SQL Anywhere クライアント (dbmlsync) または Ultra Light の SYNCHRONIZE 文を呼び出すときか、または Dbmlsync API から同期を起動するときに指定することができます。同期プロファイルは、作成した後に削除したり変更することができます。   同期プロファイルの作成 Mobile Link クライアント用の同期プロファイルを作成するには、以下の構文を使用します:   CREATE SYNCHRONIZATION PROFILE sync-profile-name sync-options;   sync-profile-name は、リモート・データベース内で同期プロファイルを一意に識別します。 sync-options は、「同期プロファイルのオプション文字列」で説明されているように、SQL Anywhere クライアントまたは Ultra Light クライアントのいずれかに対して有効なオプション文字列を指定します。 …

Read More »

2016/5/11 ?? SQL Anywhere ?????????

=== こちらのセミナーは終了しました === Oracle から SQL Anywhere へのマイグレーションセミナーを開催します。 ぜひご参加ください。     The Best-Run Businesses Run SAP SQL Anywhere 概要およびOracleからの移行事例紹介セミナー 現在TPC-Cベンチマークにおいて、価格性能比でダントツのトップを誇る自己管理型RDBMS SQL Anywhereへのマイグレーションセミナーを開催します。 参加お申込みはこちらから お客様各位 日本オラクルが中小規模システム向けの「Standard Edition One (SE1)」を廃止し、新たに「Standard Edition (SE)」のライセンス内容を変更した「Standard Edition (SE2)」に一本化するなど、データベース製品を取り巻く環境も少しずつ変化してきています。 本セミナーでは、このような状況の中、貿易関連ソリューションとしてトップシェアを誇る「TOSSシリーズ」を開発・販売される株式会社バイナル様をお招きし、「TOSSシリーズ」のデータベースをOracleからSAP SQL Anywhereに変更された背景や経緯、マイグレーションで苦労された点、導入効果などについて語っていただきます。 また、SQL Anywhere サーバーが特にISV様のパッケージソフトに向いている理由である自己管理や自己チューニング機能、豊富なツール類、SAP HANAを含め他社製データベースとのデータ同期が可能なMobile Linkなど、SQL Anywhere スイートに含まれるコンポーネント概要を含めたスイートの全体概要や、コストパフォーマンスの高いライセンスについてご説明いたします。 次回開催予定の技術セッションとともにご参加いただければ幸いです。 世界で1200万以上のインストール実績を誇るSQL Anywhereをお客様のビジネスにぜひご活用ください。                       【開催概要】 日時: 2016年5月11日(水) 13:00 …

Read More »

????????????? : Oracle ?? SQL Anywhere ??????????

このページは、過去作成されたホワイトペーパーの抄訳です。   Oracle データベースを SQL Anywhere にマイグレーションする場合に必要となる変換項目(データ型、変数と定数、関数、シンタックス、プロシージャとファンクション、制御構造、カーソル、例外処理)については、こちらのPDFの資料のP16以降をご参照ください。   ===   このホワイトペーパーは、SQL Anywhere 11 をベースに書かれていますが、ほとんどの部分で過去のバージョンや将来のバージョンでも利用可能です。また、英語のホワイトペーパーをそのまま翻訳しているため、製品画面ショットなどは英語版ソフトウェアのものですが、SQL Anywhereは、日本語にローカライズされています。   はじめに システム要件 SQL Anywhere のデータ移行機能 データベース移行ウィザード リモートデータアクセス Oracle サンプルスキーマを移行する ODBC データソースを作成する 新しいSQL Anywhere データベースを作成する HR スキーマを移行する     はじめに   SQL Anywhere には、Oracle データソースから、SQL Anywhere への容易かつ迅速なマイグレーションが可能なビルトインの機能が実装されています。直観的なウィザードと、リモートデータアクセスの機能を使用することで、OracleデータベースからSQL Anywhere へ、スキーマとデータを移行することが可能です。SQL Anywhere へマイグレーションすることで、SQL Anywhere の自動管理と自動チューニング機能を利用することが可能です。   このホワイトペーパーでは、Oracle …

Read More »

????????????? : SQL Server ?? SQL Anywhere ??????????

このページは、過去sybase.comに掲載されていたホワイトペーパーの抄訳です。   === このホワイトペーパーは、SQL Anywhere 12 をベースに書かれていますが、ほとんどの部分で過去のバージョンや将来のバージョンでも利用可能です。また、英語のホワイトペーパーをそのまま翻訳しているため、製品画面ショットなどは英語版ソフトウェアのものですが、SQL Anywhereは、日本語にローカライズされています。     はじめに 必要なソフトウェア 概要 Northwind SQL Server  データベース用の  ODBC  データソースの作成 新しい  SQL Anywhere Database  の作成 SQL Server  から  SQL Anywhere  へのスキーマとデータの移行 移行したデータベースのスキーマとデータの確認 ビューの移行 データベースロジックの移行 ストアドプロシージャー ユーザー定義関数とトリガー 適切な動作の確認と検証 まとめ     はじめに   このチュートリアルでは、Microsoft SQL Server データベースを SQL Anywhere データベースに移行する方法について、実例とともに説明します。スキーマとデータを移行するには、SQL Anywhere に用意されているデータベース移行ウィザードを使用します。データベースロジック …

Read More »

?????????? : ????????????????????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。     この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 5 月に掲載したものです。その中で、Glenn は MVCC とスナップショットアイソレーション (これは SAP HANAの一部にもなりました) について語るとともに、同時アクセスユーザーの数が増加していく中で一定レベルのパフォーマンスを提供するためにはこれがたいへん便利である理由について解説しています。   多くの商用およびオープンソースのデータベース管理システム、例えば Microsoft SQL Server、Oracle、MySQL (InnoDB または Falcon ストレージエンジン)、PostgreSQL、Firebird、H2、Interbase、Sybase IQ、そして SQL Anywhere では、短縮してMVCC またはスナップショットアイソレーションと呼ばれることも多いマルチバージョンによるトランザクションの同時実行をサポートしています。   なぜ、スナップショットアイソレーションのサポートがこれほどまでに重要なのでしょうか ? それは、スナップショットアイソレーションが、直列化可能なクエリ実行戦略の順序制御や相当な量のオーバーヘッドを発生させることなく、様々なタイプの更新処理における競合や例外の回避において理に適った構造を提供するという、データベース管理者の選択肢の一つとなるからです。   「selializability」 という単語は、データベースに接続している複数のアプリケーションが発行するコマンドが直列化されシリアルに(一つずつ)実行されたかのような実行スケジュールの特長を表しています。最初に下で参照している[1] に掲載され、その後Oracleに実装されたスナップショットアイソレーションのアイディアより以前は、直列化したトランザクションを使用して複数のトランザクションを同時に実行する方法は、厳密なツーフェーズロックを通じて行う方法で、大変高コストでした。大多数のデータベースアプリケーションでは、必要とされる同時実行性の欠如に耐えられませんでした。ほとんど全てのケースで、アプリケーション開発者は、強いトランザクション分離レベルによる処理の一貫性の確保と、弱いトランザクション分離レベルによる同時実行性の確保を天秤にかけ、後者を選択する傾向があります。そのため、これらを両立させ、より弱いトランザクション分離レベルによる同時実行性をコントロールするためにスナップショットアイソレーションが重要なのです。   ANSI/ISO 標準 SQL は、回避した方が良い可能性のあるトランザクションに発生する例外現象に関して分離レベルを定義しています。 (SQL:2008, Section 4.35.4, pp. …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ??????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。     この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009年 6 月に掲載したものです。Glenn はこの中で、SQL Anywhere のクエリ内で正規表現を使用する方法について解説しています。     SQL Anywhere の version 11.0.0 では、正規表現検索を含む検索条件が実装されました。使用可能な正規表現検索述部には、2種類のバリアントがあり、それぞれに独自のセマンティクスがあります。 SIMILAR TO と REGEXPです。     SIMILAR TO   SIMILAR TO 述部は、ANSI/ISO SQL 2008 の一部です。しかしながら、2011年の次の標準 SQLのドラフトは、現在作成途中で、WG3 編集ミーティングがまさに今週韓国で開催されています。そして、SIMILAR TO は、標準 SQL 規格の次のバージョンからは除かれるようです。というのも、この機能は、REGEXP_LIKE 述部 (以下を参照してください)に代わる方向だからです。   SIMILAR TO 述部のシンタックスは、簡単です。   …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ????????????????????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。     この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に 2009 年 5 月に掲載したものです。Glenn はこの中で、SQL Anywhere におけるスレッドデッドロックについて解説するとともに、アプリケーション設計に起因する問題について解説しています。   SQL Anywhere の最新のバージョン(16 以降)では、マルチプログラミングレベルを動的に調整するため、ほとんどの場合 -gn サーバーオプションを設定する必要はありません。しかしながら、これによって Glenn が以下で語っている好ましくない設計を隠すことができたとしても、根本的な解決にはならないことに注意してください。     ===     スレッドデッドロックとは、 SQL Anywhere サーバーがある特定のリクエストに対して返す特定のエラー (SQLCODE -307, SQLSTATE ’40W06′) のことです。このブログ記事では、スレッドデッドロックがなぜ、どのように発生するのか、さらには問題の診断に利用できるメカニズムについてまとめたいと思います。     SQL Anywhere のスレッディングアーキテクチャー   他のデータベース管理システムと同様、SQL Anywhere では基本となるオペレーティングシステムのスレッディングモデルだけに依存するのではなく、独自のスレッディングアーキテクチャーを実装しています。SQL Anywhere は、幅広い OS …

Read More »

?????????? : SQL Anywhere ???? UPDATE??????????

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。     この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に2011年7月に掲載したものです。Glenn はこの中で、異なる独立性レベルを使用する場合とデータベースのデータをアップデートする場合のトレードオフについて語っています。   ===   ISO/ANSI SQL 独立性レベル 3(SERIALIZABLE)で実行されるアプリケーションはほとんどありません。実際のところ、SQL Anywhere のデフォルトの独立性レベルは0(READ UNCOMMITTED)で、JDBC アプリケーションに限り、デフォルトは READ COMMITTED となっています。   SQL Anywhere の READ UNCOMMITTED 独立性レベルでは、操作中にスキーマロックとローの書き込みロックのみがトランザクションによって取得され、ローの読み込みロックはまったく取得されません。 したがって、READ UNCOMMITTED では、書き込みトランザクションは読み込みトランザクションをブロックしません。 しかしその一方、SQL Anywhere は READ UNCOMMITTED 独立性レベルでのセマンティクスを保証していません。俗な言葉で言うなれば、支払っただけのものしか手に入らない、ということです。 多くのアプリケーションでは、コミットされていないローの危険性や影響は限られているため、時として、READ UNCOMMITTED の本当の意味が正しく理解されていない場合があります。 本稿では、その影響がよりはっきりとする例を示してみたいと思います。   === (続きは、2011年に翔泳社 CodeZine に掲載された翻訳記事をご覧ください。)     …

Read More »