SAP SQL Anywhere

SAP SQL Anywhere におけるヒントを使用したSQL リクエストのカスタマイズ : 過去のブログより

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。 https://blogs.sap.com/2014/03/26/customizing-sql-requests-with-hints/   この記事のオリジナルは、 Glenn Paulley がsybase.com に 2009 年 6 月に掲載したものです。その中で、Glenn は SQL Anywhere におけるヒントの使用によるクエリセマンティクスのカスタマイズについて解説しています。   特定の状況においては、ヒントは非常に便利になりえますが、ほとんどの場合、SQL Anywhere のクエリのオプティマイゼーションとクエリの実行においては、クエリとDMLの性能の実行を実現するために全てのコンテキストを考慮して「正しいこと」をする、というとてつもない仕事を行っているということに留意することが重要です。   SQL クエリの正確なセマンティクスに影響を与えるために使用できるメカニズム、特に、特定の SQL 文の結果への同時トランザクションの影響を隔離する(あるいは晒す)ためのものはたくさんあります。このようなメカニズムの 1 つが、使用されるカーソルのタイプです。 例を挙げると、INSENSITIVE カーソルは、同時アップデートの影響からクエリを隔離し、同じトランザクションからであっても、その結果の最初の FETCH より前に、OPEN 時の SQL クエリの全結果セットを実体化します。 一方、SQL Anywhere の KEYSET-DRIVEN (または SCROLL・value-sensitive) カーソルは、それらのローがアプリケーションによってFETCHされたものであると記憶し、同じ結果のローが再FETCH され、同時アップデート(または削除)される場合には、アプリケーションに警告(エラー)を返します。 他のメカニズムとして、SQL 文で使用されている分離レベルがあります。 SERIALIZABLEより低い ANSI SQL 分離レベルには、明らかに同時実行性を改善する利点があります。 しかしながら、同時更新やそれら間の相互作用が理由で、クエリ実行中にエラーが発生するリスクがあります。 他のセマンティックの効果のうち、テーブルヒントの使用は、クエリあるいはテーブルベースでさえセマンティックの変更の指定が可能です。 もともと、私は SQL クエリのヒントの使用は好きではありません。なぜならば、「クエリオプティマイザーに最適なアクセスプランを選択させなければならない」という強い偏見があるからです。 しかしながら、多くの場合において、クエリまたはテーブルヒントは、特にロックの動作を細かく制御するのに、非常に便利です。   SELECT FOR UPDATE テーブルヒントの話をする前に、FOR UPDATE 構文で指定された文レベルの 2 つの同時実行性制御ヒントについて述べたいと思います。 FOR UPDATE句の基本は、明示的に更新可能なカーソルを宣言します。しかしながら、分離レベル0 と 1 のロックでは、現在の行以外ロックは取得されていないので、その他のローは他の接続による修正や削除がオープンに行えます。 これらのローのその後の更新の可否を確認するには、2つのオプションがあります。 FOR …

Read More »

SQL Anywhere: Setup a Twitterbot for the SAP Cloud Platform’s status.io feed and to recreate @SCNblogs

Background I have been busy with a personal project to recreate some of my SQL Anywhere setup that was originally running in the cloud. (I had an Linux based SQL Anywhere server on Amazon Web Services (AWS) which was terminated by AWS.)  With my original version I had used SQL Anywhere to read the, now out of service, SAP twitter account @SCNblogs. I had used SQL Anywhere’s ability to calculate …

Read More »

Further Adventures with SQL Anywhere Developer Edition: Using UI5, oData, XS, HCP, Node.js and the YAAS Earth Observation service

  Developing an UI5, XS & oData App with the SQL Anywhere Developer Edition Background I’ll start by going into the background and inspiration for this blog, as it does bring together all the component parts. My blog has been inspired by a number of events. Firstly retrieving or backing up data from cloud systems. I had previously mentioned that Amazon had stopped my AWS instance that was running my SQL Anywhere …

Read More »

Build Mobile and IoT Apps for Remote Locations!

If you missed our webinar this summer on how to create occasionally connected applications at the edge, you are in luck! The attached link is available for you at your convenience to hear SAP expert, Tom Slee present the Internet of Things webinar.  Learn how SAP SQL Anywhere and SAP Hana Cloud Platform, can help you achieve success and how you can leverage the platform to synchronize thousands of remote …

Read More »

MobiLink with SAP IQ consolidated database 1/2

The MobiLink server supports SAP Sybase IQ consolidated database. Now I build simple MobiLink environment with a SAP IQ consolidated database. In this case, there are 2 machines, one is for IQ environment and another is for MobiLink environment. Product Version:      SQL Anywhere Version – 17.0 SP0 PL8 Build 2053     SAP IQ – 16.0 SP11 This Blog is 1 of 2. Next :  MobiLink with SAP IQ consolidated database …

Read More »

MobiLink with SAP IQ consolidated database 2/2

The MobiLink server supports SAP Sybase IQ consolidated database. Now I build simple MobiLink environment with a SAP IQ consolidated database. In this case, there are 2 machines, one is for IQ environment and another is for MobiLink environment. Product Version:      SQL Anywhere  – 17.0 SP0 PL8 Build 2053      SAP IQ – 16.0 SP11 This Blog is 2 of 2. Previous :  MobiLink with SAP IQ consolidated database …

Read More »

Using Twitter & Bitly APIs with OpenUI5 running on SQL Anywhere

Background Installing SQL Anywhere 17 Install Steps JAVA version Setup SQL Anywhere’s Web Server Download and Setup OpenUI5 Setup SSL Setup of Twitter API Update the Bitly API A Pain in the Certificate Chain The Joys of Twitter’s API authentication Viewcert to the rescue Timing Out Bring it together with OpenUI5 Background This blog was inspired by an email from Amazon. An extract of the email is below and a …

Read More »

SQL Anywhere now available on Amazon.com!

Let’s face it, times are changing and so is SAP.  Now you can not only buy SAP software online with a credit card on the SAP Store, you can buy on Amazon as well! SQL Anywhere (v17), is one of the products now available on Amazon.com, including SAP SQL Anywhere Workgroup, Edge edition and SAP SQL Anywhere, Database and Sync Client.  With this new channel, we’re giving you the option …

Read More »

A ‘Dream Team’ on the Edge for the Internet of Things

You do not have to look very far to see industry predictions of the huge number of devices that will be connected in the next few years, and the enormous amount of data they will be produced. With data volumes in the petabytes being predicted, there has been a lot of focus on the big data problem, and how technologies like HANA can be used to centrally mine business value …

Read More »